このサイトではJavaScriptを有効にしてご覧下さい

大田ゆうすけ 趣味のページ

趣 味
大田ゆうすけ

大田ゆうすけ「永遠の四一」出版のご案内

市議会議員の10年目にして初の著書を出版します。
備後の郷土部隊・歩兵第41連隊の歴史をまとめた本で、5月半ばに出版予定です。
                                    
明治41年、歩兵第41連隊は現在の企業誘致の形で広島市から福山(現在の緑町公園)に転営し、備後の郷土部隊として福山の発展に寄与し、福山市の市制施行の原動力にもなりました。

歩兵第41連隊
昭和12年8月1日、41連隊は支那事変に出動、その後マレー作戦をはじめ多数の激戦地に赴き、東部ニューギニアとフィリピン・レイテ島において2度全滅したことにより、日本陸軍史上最も酷使された悲運の連隊と言われています。福山から多くの若者が出征し、多数戦死したその歴史の延長に現在の福山市の発展があることを忘れてはなりません。
本書は昭和の時代に自費出版された41連隊の将兵の手記を復刻させ、戦場という極限の状態における人間ドラマやエピソードを多数紹介しています。そこに当時の日本人の精神性の高さを感じずにはいられません。ぜひ多くの方に知られざる郷土の歴史を読んでいただければ幸いです。

歩兵第41連隊

<予約販売の受付>

『永遠の四一』

販売価格:4,100円
下記の方法にてお申し込み下さい、完成次第お送りします。(送料別)

注文方法:orion@urban.ne.jp
「氏名」「送り先住所」「電話番号」「購入冊数」を明記してメールを下さい。

※大田記念病院売店「福山健康舎」・啓文社各店の店頭でも6月から販売します。

インターネットからのご注文はこちらから

page top